出来れば避けたい成分

まず、シャンプーに「ノンシリコン」と表記されたものがあります。シリコンとは、安全性が高い化学物質で日用品等にも使われています。髪をコーディングし保護することも出来ますが、肌への負担をかけないためにノンシリコンと記されたシャンプーが多いのも現状です。ヘアカラーが染まりにくい、パーマがかかりにくいのもシリコンが原因ともいわれています。シリコンはコーディング成分でありながら強すぎると頭皮への刺激にもなります。また、コーディング力が強いため、髪が乾きにくく髪がベタつきやすくなります。シリコンが頭皮につくとオーバーターンの阻害にもなる可能性もあるため覚えておくと良いでしょう。

次に、洗浄力の高いアルコール系の界面活性剤が配合されているものがあります。「ラウレス硫酸Na」、また「ラウリル硫酸Na」です。これらは、ヤシ油などに含まれるラウリン酸を原料にして作られた界面活性剤で、生成過程では硫酸が使われています。硫酸は非常に強い酸で、皮膚や髪に刺激の強い成分であり、また洗浄力も強いため、頭皮の皮脂を過剰に除去してしまいます。髪のタンパク質を保護するためにも、また頭皮の毛髪が気になる方は、これらの成分入りシャンプーは避けた方が良いでしょう。