17/04/19

シャンプーと健康な髪

不健康な髪を修復するため、「ダメージ補修シャンプー」と表記されたシャンプーを購入したにもかかわらず、実際に使っても改善されなかった経験はありませんか?健康な髪を目指すために、成分を知ったうえで自身に合ったシャンプーを選び、正しく使うことで健康な髪へと変身できます。

髪は爪と同じように肌の角層変化で出来ています。髪の一番外側にあるキューティクルが剥がれ落ち、髪の内側の水分が蒸発してタンパク質が流出します。そして、髪のタンパク質がほとんど無くなり、カラカラな状態になることを髪の傷みといいます。

髪は肌と違い、修復機能がないため、一度傷めると自然に元に戻りません。髪は皮膚や内臓と同じタンパク質で出来ています。肌は、皮膚の乾燥を防ぎ、栄養を補うために化粧水や乳液を使いますが、髪も肌と同じく水分や油分、栄養が必要です。そして、タンパク質が足りていないと髪に栄養が行き渡らず、また水分が足りていないと静電気が起こり髪がまとまりません。

髪に水分や油分、栄養を補うには、タンパク質や亜鉛、ビタミンCやビタミンB群を豊富に含む食材を日々の食事に取り入れることです。しかし、食生活で髪を健康にするには、時間がかかることがあり、即効性は求められません。より早く髪を健康にするには、内側からのケアのみならず、外側からもケアすることが必要です。

健康な髪には、生活習慣や食生活の見直しも必要ですが、当サイトではシャンプーにスポットを当て、成分や選ぶヒント、使い方を紹介します。